この記事では、
脇ボトックスがワキガや脇汗に効果があるのか、デメリットや副作用などの注意事項までをわかりやすくまとめています。

 

私は現在28歳の女です。これまでワキガと多汗症に悩み、今では脇ボトックスで臭いも脇汗も抑えられています。

 

実体験をもとに書いた記事ですので、参考になることがあるはずです。
ぜひ参考にしてください。

脇ボトックスの効果に希望を抱く女性

ボトックス注射(ボツリヌス療法)とは

まず脇ボトックス注射がどんな治療法なのかを簡単に説明しますね。

 

私たちが汗をかくのは、「アセチルコリン」と言う神経伝達物質の影響です。
この物質が伝達されることによって、発汗作用が起こります。

 

もちろん私たちは何も意識していませんが、勝手にこの伝達が行われ、発汗されるわけです。

 

暑いとき、緊張したときなどはたくさん伝達されているということですね。

 

脇ボトックスは、この伝達をブロックする治療法です。
「ボツリヌス菌」は神経の伝達をブロックして、発汗するのを抑制する働きがあるのです。

 

このボツリヌス菌を脇の下から注射するのがボトックス注射です。

 

参考:東京高輪病院ホームページ

 

脇ボトックスの効果

肝心な脇ボトックスの効果ですが、治療法がわかると理解しやすいのではないでしょうか。

汗と臭い、それぞれどう効果があるのかを見ていきましょう。

腋窩多汗症への効果

難しい漢字が出てきましたが、脇の多汗症のことを「腋窩(えきか)多汗症」と言います。

 

多汗症とは汗をかく神経の伝達が異常をきたしているなどの理由により、多くの発汗をしてしまいます

 

先ほど解説したとおり、脇ボトックスはこの神経の伝達をブロックするわけですから、発汗を抑制します。
つまりは多汗症への効果があるということです。

 

それはもちろん私でもどこかの病院が主張しているわけではなく、厚生労働省がしっかりと認めています。

 

ボトックス注射はいくつかのメーカーで製造されていますが、以下のリンクは厚生労働省がボトックス注射を新医薬品として認定した通知です。
https://www.mhlw.go.jp/web/t_doc?dataId=00tc1974&dataType=1&pageNo=1

 

ワキガへの効果

続いて、脇ボトックスのワキガへの効果について確認していきましょう。

 

ワキガの臭いの原因は、脇の下から出た汗と、その周辺にある雑菌が合わさることです。
つまり、脇汗が増えることで臭いがきつくなるのは当然と言えます。

 

脇の下には、汗が出る汗腺が2つあります。
1つはエクリン腺、もう1つはアポクリン腺です。

 

臭いがきつくなりやすいのはアポクリン腺から出る汗です。

 

ボトックスは、このアポクリン腺に対して直接治療する方法ではありません。

 

アポクリン腺に直接治療するのがワキガ手術であったり、ミラドライ 、ビューホットなどの治療法です。

 

ですので、脇ボトックスは臭いに対してというよりは、汗に対する治療ということです。
だからといってワキガに効果がないわけではありません。

 

実際私は中程度のワキガですが、脇ボトックスによってワキガの臭いを抑えられています。
私にはワキガにも効果がありました。

 

脇汗が減ったことにより、臭いにも効果があったということですね。

 

脇ボトックスの効果はいつから?

脇ボトックスの効果は注射してから3日前後で効果が出ます。
私は翌日から効果を感じましたが、もちろん個人差があるので3日前後と見た方が良さそうです。

 

いつから効果が出るのかはどの病院も同じように3日前後と回答している場合が多いです。

 

脇ボトックスの効果の持続期間は?

脇ボトックスの効果が持続する期間ですが、病院によって回答が若干相違しています。

 

多くが以下の3つの回答です。
・6ヶ月
・3〜6ヶ月
・4〜9ヶ月

 

私の場合は1回目は6ヶ月以上効果が持続しました。
2回目以降は少し効果が切れるのが早くなり、4ヶ月くらいで弱まります。

 

私のように、効果が持続する期間が短くなるのはめずらしくないようです。

 

脇ボトックスが効かないというケースもあります

私も含め、多くの方が脇ボトックスで効果を得ていますが、一方では効かないという方ももちろんいます。

 

いくら効果がある根拠はあっても、やはり実際はやってみないと自分に効果があるかはわかりません。

 

ですので、最初は費用が安価な病院を見つけて行くのが最適です。
お試し感覚といいますか。

 

私が通ってる病院はかなり安価で脇ボトックスが受けられます。

 

脇ボトックスが効かない多くの理由は、治療法が合わない、症状が重いからです。

 

脇ボトックスは発汗する神経伝達にブロックするわけですが、それでは効かない症状ということです。


他の治療法としては、飲み薬や塗り薬(デオドラント)が一般的です。

 

ただボトックスで効かないとなると、飲み薬や塗り薬でも効かないというケースもあるかもしれません。
通院予定の病院の先生に相談してみてください。

 

さらに効果が期待される治療法としては、汗がでる汗腺そのものへの治療法です。
手術が一般的です。
ただ治療後、通常の生活に戻るのに時間がかかりますので、計画が必要かもしれません。

 

最近では切らない治療法もありますから、脇ボトックスで効かないという場合は検討してみるのも1つかもしれません。

 

以下のページはビューホットに関する効果がわかりやすく解説されていました。

参考サイト:ビューホットの効果~【ワキガ・多汗症も治る】いつから?口コミは?

 

脇ボトックスのデメリット

脇ボトックスの効果はもちろん、デメリットはないのかも気になりますよね。
脇ボトックスのデメリットについても確認しておきましょう。

副作用について

まず1番気になるのが副作用ではないでしょうか。

 

脇ボトックスの副作用はゼロではありませんが、かなりまれです。
ある臨床試験では、144症例中、3例が脇とは別の箇所からの発汗が増えた、1例が腕が痛くなったとの結果だったようです。

引用:東京高輪病院ホームページ

 

痛いと感じる人もいる

注射が苦手な人は少し痛いかもしれません。
あと注射の針の痛みではなく、薬が入る感覚が苦手という人もいるようです。

 

いずれにしてもさほどの痛みではありませんが、痛いのが嫌という方は、麻酔クリームをして治療できる病院が多いですので、先生に相談してみるといいです。

 

継続して注射を打たなければならない

私もそうですが、脇ボトックスの1番のデメリットは継続しなければならない点ではないでしょうか。

 

手術などは一回で終わりますが、脇ボトックスは一定の期間が過ぎると効果がなくなり、元に戻ってしまいます。

 

まれに一回だけで治るという人もいるようです。
発汗は精神的な要素も大きいですので、発汗しなくなった安心感や自信がその後の状態にかなり良い影響を及ぼしたということですね。

 

でも一回で治ることを期待して治療するのは誤りです。
数ヶ月に一回は治療する必要があると覚悟しておいた方が無難です。

 

あと多いのは夏場だけ注射するという方もいるようですね。
軽度な方はそれでも良いかもしれません。

 

私は継続してやってます。
確かにお金はかかりますが、汗や臭いを気にしなくてもいい生活はそれ以上の価値を感じています。

 

脇ボトックスの注意事項

脇ボトックス注射は、病院によっても多少違うでしょうが、10〜20分程度で終わります。

 

当日も特に注意することはありませんが、よく疑問に思うことを念のため記載しておきます。

 

当日はお風呂、シャワーも大丈夫です。
ただ擦ったりはせずに、もし熱が出ていれば控えた方が良いです。

 

運動や飲酒についても、過度でなければ問題はないです。

 

もちろん気になるようであればその日はやめておくのが無難ですね。

 

脇ボトックスは試してみるのが良いです

最後にですが、脇ボトックスは試してみるのが1番です。

 

ワキガや多汗症の治療で1番手軽にできるのがボトックス注射です。

 

ただ効果は気になるところですが、それはお試しの感覚でやってみるのが良いと思います。

 

お金が気になるところですが、私が通っている であれば初回1本6,800円でできます。

 

私も最初1番迷ったのは効果でした。
でもこれだけ安ければ、もし効果がなくてもすんなりあきらめられるので、気楽に病院に行くことができました。

 

もし今ワキガや多汗症で悩んでいる、脇ボトックスに興味があるという方は、ぜひ試してみてください。

 

カウンセリングは無料ですので、カウンセリングに行って、しっかり説明を聞いてから判断することも大切です。
自分に合う先生か、スッタフの人が親切かなどは、会ってみないとわかりませんもんね。

 

私は脇ボトックスで臭いと脇汗の悩みから解放されました。

 

リンク

 

『脇ボトックスの効果とデメリット〜私はワキガと脇汗を改善しました』を最後まで読んでいただきありがとうございました。